気になるボトックス効果について紹介!注射で肌の悩みが解決できる

エラ解消で小顔になれる

バインダー

咬筋の力を抑制することで、小顔になれる!

実は顔にエラが張るのも、顔の筋肉が発達しているからなのです。筋肉をつけると足が太りやすくなりますよね。顔の筋肉も同じです。噛む力が強い、歯を食いしばる癖があると食べ物を噛む時に使用される「咬筋(こうきん)」という筋肉が発達してしまい、顔にエラが張って、顔が大きく見えてしまいます。この咬筋は日常生活の中でよく使われる筋肉なので、咬筋が発達してしまうと改善をするのがとても難しいです。しかし、ボトックス注射をすると筋肉の働きを和らいでくれるので、咬筋の発達を防いでくれます。筋肉と脂肪が原因によってできたエラ張りであれば、張りを抑えることができて、フェイスラインをすっきりさせることができます。骨を削ることでエラ張りを改善できる整形手術はありますが、手術後に顔が腫れることもあるので体の負担は大きく、入院をする必要があります。ボトックス注射であれば耳と顎の間にある筋肉に注射を打つだけなので、強い痛みはなく5~10分程度で施術は終わります。入院する必要もなく、傷跡はほとんど残らないので、施術後に洗顔やメイクをしても問題ありません。施術後に顔が痛くなったり、腫れたりすることはほとんどないので、安心して施術を受けることができます。個人差はありますがボトックス効果が出るのは、注射をしてから3週間~1ヶ月程と言われています。一気にではなく、少しずつ小顔になっていくので、体にあまり負担をかけることはありません。ボトックス効果が持続する期間にも個人差はありますが、大体半年~1年程度と言われているので、定期的に注射をする必要があります。しかし、定期的に注射をすることで顔の筋肉が弛緩するので、ボトックス効果を高めることができ、エラ張りも防いでくれます。咬筋の働きを和らげることができれば、エラ張りだけではなく、歯ぎしりの改善も期待できます。

Copyright© 2019 気になるボトックス効果について紹介!注射で肌の悩みが解決できる All Rights Reserved.